【プレイステーションクラシック】実機のボタン周りやメニュー画面などの詳細を紹介するファーストインプレッション映像が公開 !!

ゲーム速報

『プレイステーションクラシック』ファーストインプレッション映像が公開

 

ソニーインタラクティブエンタテインメントより12月3日発売予定の『プレイステーションクラシック』ですが、実機のボタン周りやメニュー画面など詳細を紹介するファーストインプレッション映像が公開されています。

 

The PlayStation Classic Does The Bare Minimum

The PlayStation Classic Does The Bare Minimum

 

On a joué à tous les jeux de la PlayStation Classic : Nos impressions en pleine nostalgie

On a joué à tous les jeux de la PlayStation Classic : Nos impressions en pleine nostalgie

 

「プレイステーション クラシック」のボタン周りやメニュー画面はどうなっているのか。ファーストインプレッションをお届け

本体に用意されているボタンは「POWER」「OPEN」「RESET」の3つで,電源を入れためのPOWERボタンはもちろん,OPENとRESETボタンにもPS Classicならではの役割が与えられている。
OPENは,ディスク交換と同等の処理を内部で行うボタンだ。複数枚組のソフトだと,特定のポイントでディスク交換を求められるわけだが,そのときにOPENボタンを押すと,自動的に続きのデータが読み込まれる。残念ながら,天板が開いたりといったギミックはなかった。

RESETは,ゲームを中断してメインメニューに戻るためのボタンだ。このとき,プレイしていたゲームの再開ポイントも作られるので,いつでも続きから遊べる。この再開ポイントの保存領域は,「各タイトルごとに1つ」ずつ用意されているので,プレイするゲームを気軽に変えられるのは嬉しいところ。

メモリカードの差込口も再現されているが,あくまでデザイン的なものなので,使用はできない

本体に接続するケーブル類は,コントローラを除くと,映像と音声を出力するためのHDMIケーブルと,本体に電力を供給するUSB Micro-Bケーブルの2本となる。そのため,本体の背面はスッキリしており,取り回しもしやすい印象だ。
なお左端にある蓋は,オリジナル版(正確にはSCPH-7500以前)にあったPARALLEL I/O(外部拡張)端子の蓋を再現したもの。こちらもあくまで飾りなので,蓋自体はしっかりと固定されている。

背面の見た目は,ビデオ端子が取り除かれたSCPH-5500以降に近い

PS Classicで遊ぶときは,オリジナル版と同じようにPOWERボタンを押して起動する。すると,ボタンの下にあるLEDランプが緑色に点灯し,ディスプレイに懐かしのロゴムービーと音楽が流れ,メインメニューが表示されるといった具合だ。
オリジナル版のメインメニューは,青い球体を背景に,メモリーカードとCDプレイヤーの2項目が選択できるというものだったが,PS Classicでは収録タイトルが一覧で表示され,そこからプレイするタイトルを選ぶといった形になっている。

こちらがメインメニュー。ブルーを基調にした背景や,「PLAY」という文字のカラフルなバックカラーは,オリジナル版を意識したものになっている。画面下にあるアイコンは左から「設定」「ガイド」「メモリーカード」「再開ポイント」だ

設定画面。本体の初期化を選択すると,セーブデータと再開ポイントがすべて削除される

ガイドの項目には,製品Webサイトへの誘導があるが,これはWebサイトのQRコードが表示されるだけで,本体にブラウザ機能などはない

各ボタンの役割は上述したとおりだ

PS Classicには,各タイトルごとに1枚の仮想メモリカードが用意されている。メモリ容量は15ブロックだ

ちなみに,PlayStation 3とPlayStation Vitaに対応しているゲームアーカイブスでは,画面の比率を変えられたが,PS Classicに収録されているゲームは,すべて4:3の比率で固定されている。また解像度もそのままなので,最近のテレビやディスプレイでプレイすると,画面の上下左右にレターボックスが表示されるが,変に引き延ばされるよりは断然見やすいので,これはこれで良いと思えた。

以上がPS Classicのインプレションとなる。数量限定で生産される本機は,一般予約受付が11月3日にスタートしているが,正規の取扱店舗のほとんどで受付が終了しているため,今から予約して入手するのはなかなか難しそうだ。

「プレイステーション クラシック」のボタン周りやメニュー画面はどうなっているのか。ファーストインプレッションをお届け
 2018年11月8日,ソニー・インタラクティブエンタテインメントにて,12月3日に発売される予定の「プレイステーションクラシック」を触る機会を得た。本体にあるボタンの機能や,メニュー画面のUI周りなどが確認できたので,簡単なインプレッションとして紹介しよう。

 

 

◆PS4ProNEWS 新着記事◆

『PS4ProNEWS アプリ化(PWA)実装のお知らせ』インストールなしで高速表示が可能になりました!アプリ化の方法を解説するので必ずお読みください!!
【羨ましい】全国の高校で『eスポーツ部』が続々と爆誕!!学校で堂々とゲームやれるなんてええ時代やなwwww
なぜ魔法の名前は英語だとしっくりくするのか?
【エースコンバット7】F-16CやF-14D、F-104など戦闘機に注目した『Golden Joystick Awards 2018』トレーラーが公開!
ゲームの操作性のトレンドを作った革命的なゲームといえば
【提言】属性システムって火、水、氷の3つあれば充分だよね?

『【プレイステーションクラシック】実機のボタン周りやメニュー画面などの詳細を紹介するファーストインプレッション映像が公開 !!』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2018/11/09(金) 19:18:09 ID:Q4NTQ0OTc

    今更言うのもなんだが、本当に小さいな。
    あとは届くのを待つばかり。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)例:英語、漢字、カタカナのみの場合は自動で弾かれます。

日本語が含まれない投稿は自動的に弾かれますのでご注意ください。
NGワード、性的、暴力的、差別的な単語、個人を誹謗中傷するコメントは自動で弾かれ承認待ちとなります。
スパム対策のため、「http://~」や英語、漢字、カタカナのみの場合も自動で弾かれます。
連投や他の人のコメントと秒単位で被ると稀にコメントが弾かれる場合があります、しばらく待ってからコメントしてください。
アクセスランキング