オススメ外部記事!!

【Fallout76】公式サイト更新!ワークショップやC.A.M.P.、キャラクター育成要素、PvP/マルチプレイ要素など多数の詳細を公開!更に新しいBGMもお披露目!!

ゲーム速報
スポンサーリンク

【Fallout76】公式サイト更新!多数の新情報が明らかに!

 

bethesdaは本日、11月15日発売予定の『フォールアウト76』の公式サイトを更新し、ワークショップやC.A.M.P.、キャラクター育成要素、PvP/マルチプレイや発売後に関する情報など多数の新情報を公開しました。またオリジナルのメインテーマのBGMも公開されています。

 

ワークショップとC.A.M.P.

『Fallout 4』に続いて、ワークショップは今作でも登場します。素材を集めることで幅広い種類の構造物や防衛設備の建造が可能で、フィールド上の鉱脈から採掘するための「リソースコレクタ」など、新たに登場する構造物もあります。
『Fallout 76』の新要素でとりわけ重要なのが、C.A.M.P.(Construction and Assembly Mobile Platform)です。携帯できるワークショップとしてマップ上のほぼ全域に設置することができ、探索の拠点やファスト・トラベル地点、または復活地点として活用できます。C.A.M.P.を移動させると、構造物は自動的に回収され、建造時のデザインをそのまま保存した状態で設計図として記録されます。そのため、お気に入りの構造物も簡単に建造し直すことができます。他のプレイヤーからの核攻撃や襲撃を受けて破壊されても、「また一からやり直し」という心配はいりません。

C.A.M.P.からは「収納箱」にアクセスすることも可能です。ちゃんと保管しておきたいアイテムは収納箱で管理するようにしましょう。収納箱は、駅やレッドロケット・ステーションで見つかるコンテナからもアクセス可能です。
『Fallout 76』には「パブリック・ワークショップ」も登場します。こちらは戦闘を通してアンロックされ、該当エリアを確保するか、他のプレイヤーが所有しているものを奪うことで獲得できます。パブリック・ワークショップでは、作業台の製作、資源の採掘、クリーチャーや他のプレイヤーからの攻撃を防ぐための防衛設備の建造、あるいは新たな設計図を作成するための試作が行えます。C.A.M.P.が各プレイヤー専用であるのに対し、パブリック・ワークショップは複数のプレイヤーが共同で利用でき、過去に他のプレイヤーが建造したものに手を加えることも可能です。

サバイバル

自身の状態と装備には常に気を配りましょう。休息、食事、体調、水分管理を十分に行うことでボーナスを獲得できます。ただし病気や変異にはくれぐれもご注意を。放射能汚染に注意し、安全な場所での休息や、きちんとした食事ときれいな水の摂取を心がけることで、そうした事態は避けられるはずです。装備は使用すると消耗するので、お気に入りの一品はこまめにメンテナンスして、時にはフィールド上で見つけた新しい装備を試してみることも重要です。弾薬を含む全てのアイテムには重量が設定されているため、総重量をうまく管理しましょう。こういったサバイバル要素が組み合わさることで、ゲームプレイにも幅広く自由な選択肢がもたらされます。何を持ち歩き、いつ使うのか、バランスの良い判断が求められます。

キャラクターの育成

『Fallout 76』ではS.P.E.C.I.A.L.システムが再び採用されており、すべての特性は1からスタートします。キャラクターは、レベルアップによって得られるポイントを、S.P.E.C.I.A.L.の各ステータス(STRENGTH、PERCEPTION、ENDURANCE、CHARISMA、INTELLIGENCE、AGILTY、LUCK)に振り分けることで成長します。レベル50を上限として、レベルアップのたびに、S.P.E.C.I.A.L.のカテゴリーの中から好きなものに1ポイントを振り分けることが可能です。S.P.E.C.I.A.L.のステータスを上げることでゲームプレイ上のメリットが得られるほか、獲得したポイントを使用して各カテゴリーに関連するPERKカードを装備することもできます。

たとえば、STRENGTHにポイントを振り分けることで、STRENGTHカテゴリーのPERKカードがより多く装備できるようになります。PERKカードはいつでも自由に装備し直すことが可能です。レベルアップのたびに取得したいPERKカードを1枚選択でき、特定のレベルに達した際に受け取れるPERKカードパックからも、ランダムで入手できます。過去作にも登場した「Bloody Mess」をはじめとして、CHARISMAカテゴリーにはチームプレイに影響する新たなPERKが多数登場していますのでお楽しみに。
既に持っているPERKカードを重複して入手した場合は、それらを合体させることでPERKのレベルを上げて、効果を上昇させることができます。こうした高レベルPERKはより多くのS.P.E.C.I.A.L.ポイントを必要としますが、First Aidスキルや、汚れた水を安心して飲めるようになる能力など、ゲームプレイに大きな影響を及ぼす要素が強化できるため、それだけの価値があると実感できるはずです。

ファスト・トラベル

発見済みのロケーションなら、プレイヤーレベルと距離に応じたキャップを消費することで、ファスト・トラベルが使用できます。しかし、チームメイト、自分のC.A.M.P.、Vault 76入口への移動にはキャップを消費せずにファスト・トラベルが使用できます。上手に活用してください。

死亡および復活

あなたが戦闘で敵にやられてしまった場合も、一定時間内に他のプレイヤーにスティムパックを使ってもらえれば、その場で蘇生が可能です。蘇生させてもらえない場合は、ワールドマップから復活地点を選択します。死亡すると手持ちのジャンク(建造用素材など)をその場に落としてしまいますが、復活後に回収に向かうことも可能です。特定のPERKカードを装備することで、蘇生時に自身や助けてくれた仲間の助けとなる効果を付与したり、「謎の人物」を呼び寄せることもできます。

重量超過

所持品が総重量を超過した場合、ダッシュやファスト・トラベルは使用できなくなりますが、ジャンプや通常移動は変わらずに行えます。ただし、通常移動によってアクションポイントを消費し、ポイントが尽きると移動速度が低下します。所持品を整理して不要なアイテムを手放す、あるいは近くにC.A.M.P.を設置して、余分なアイテムは収納箱に保管しておくのもひとつの手です。また、作業台があれば、手持ちのジャンクを解体しておくこともできます。

新たなワールドマップ

Pip-Boyのフルカラースクリーンで新たなワールドマップを確認できます。フォトモードやソーシャルメニューなどの新オプションに加え、他のプレイヤーの大まかな位置もワールドマップに表示されるので、仲間と落ち合うことも、あまり他のプレイヤーが通っていない道を選ぶこともできます。すべてはプレイヤー次第です。

PvP/マルチプレイ

アパラチアでの見知らぬ相手との遭遇は、危険な事態に発展する可能性があります。もし他のプレイヤーに攻撃された場合は、1対1でキャップを賭けて戦うことも、強さを見せつけるためにチームで応戦することも可能です。一方、戦わないことを選べば、受けるダメージは大幅に削減され、逃げることもたやすくなります。戦う意思のない相手を殺そうとするプレイヤーは「指名手配」としてマークされます。いずれかのプレイヤーの手で始末されるまで、使命手配のステータスは消えず、指名手配されたプレイヤーに掛けられた賞金を得るチャンスが全てのプレイヤーに与えられます。不特定の誰かを殺すことによるメリットはありません。他のプレイヤーを殺した場合は、殺した本人が所有するキャップから指名手配の賞金が支払われることになります。

戦闘

V.A.T.S. (Vault-Tec Assisted Targeting System) はリアルタイムで発動し、アクションポイントを消費することで敵が狙いやすくなります。PvPで戦う際、V.A.T.S.にステルス要素が加わり、HUDの視認性も高まります。チームメイトが倒した敵からの戦利品はチームで分け合われ、クリーチャーを倒すのに参加した全てのプレイヤーに経験値がフルで付与されます。

衣服

『Fallout 76』でプレイヤーはサバイバルに最適な防具を自由に装備できますが、その上に着る衣服も選ぶことができます。身の安全を犠牲にすることなく好きなファッションをお楽しみください。服装を自由に選べるようになったことで、同じ76の仲間たちでも見た目はバラバラになるはずです――従来の通りのコンバットアーマーやレイダーアーマー、慣れ親しんだ青色のVault 76スーツを着たキャラクターだけでなく、ピエロやパークレンジャーなどの恰好をしたキャラクターとも出会うことになるでしょう。

NPC

これまでの『Fallout』シリーズで見てきたように、爆弾が落ちたあとも固く冷たい金属の塊たちは生き延びていました。本作でも新しい世界に適応して生き残ったロボットやAIにたくさん遭遇します。中にはクエストを依頼してきたり、深い関わりを持っていくロボットも出てくるでしょう。本作の主要設定の1つにもなっていますが、Vault 76の扉が開いた時、ゲーム内の世界で生きている人間は皆さんしかいません。そのため、ストーリーは、かつてアパラチアに生きていた、既にこの世を去ってしまった勇敢な人々のメモ、ホロテープ、ターミナルを中心に進んでいきます。この人々はどういう人物だったのか? どのような死を迎えたのか? 死者たちから学ぶべきことは? そして、彼らがやり残した、あなたが引き継ぐべき仕事とは?

イベント

イベントは皆が気軽に参加し、すぐに同じ目標に向かって協力できる造りになっています。ほとんどのイベントでは、PvPがオフになっており、仲間同士で協力することし合うことで達成できます。イベントの成功もしくは失敗は参加者全員で共有しており、報酬も同等に配られます。イベントはグループで参加することが理想的ですが、1人でもクリア可能です。中にはPvP用にデザインされたイベントもありますが、これに参加するにはプレイヤーの事前承諾が必要です。

物資の投下

物資の投下はアパラチアの緊急サービスによって構築された自動システムによって行われます。補給申請を行い、重要な物資を地表に投下させましょう。米国政府の供給要請のホロテープを見つけたら、それをラジオ塔に持っていくと物資の投下が実行できます。上空から落ちてくる物資に惹かれてやってくる敵AIや他のプレイヤーにはくれぐれもご注意を…

アトムの力

メインクエストの重要なパートにおいて、プレイヤー自身が原子力を扱うことになります。原子力はプレイヤーを取り巻く世界を非常に「大胆」に変える手段です。エリアが放射線で汚染されると、危険なクリーチャーが増殖するだけでなく、ハイレベルかつ特別なギアを作成するのに必要なレア資源が入手できます。核発射の工程は複雑で時間もかかりますが、大きな成果をもたらしてくれます。また成功した暁には、遠くに見えるキノコ雲を写真に収めるのをお忘れなく。

発売後に関して

11月14日(日本では11月15日)の発売に向けて、Fallout 76をできるだけ素晴らしいものにするために日々開発を行っていますが、発売後にもゲームをより一層楽しんでいただくため、新しい要素に関しても継続的に追加していきます。我々のゴールは、プレイヤー皆様からのフィードバックにお応えし、プレイヤー皆様に喜んで頂くことです。そのためのアップデートは無料にてお届けいたします。

新しいBGM

最新の『Fallout』では、新たなBGMが採用されています。『Fallout 76』は再びInon Zurとタッグを組み、ウェストバージニア州の美しさにインスパイアされた楽曲を取り入れました。新たなメインテーマを下記からご視聴ください。

Bethesda.net
『Fallout 76』では、シリーズで初めて他のプレイヤーと共にウェイストランドを探索できるようになりました。このエキサイティングな体験のために、これまでのシステムにも新たな調整が施されています。

 

Fallout 76 – Original Main Theme

Fallout 76 – Original Main Theme

 

 

◆PS4ProNEWS 新着記事◆

【FF15】アニメ版『エピソードアーデン プロローグ』ティザートレーラーが公開!!
【グラブルバーサス】公式サイトオープン!主要キャラクターの詳細公開!Stella Magnaによる「プラチナスカイ」の視聴も可能!『グランブルReLink』美麗なスクリーンショットも大量公開!!
【グラブルバーサス/Relink】最新トレーラー発表によるネット上の反応まとめ!ボス戦を紹介する実機プレイもお披露目!!
【速報】格闘ゲーム PS4『グランブルーファンタジー バーサス』発表!2019年発売決定!「グランブルーファンタジー ReLINK」アナウンストレーラーも公開!
【レッドデッドオンライン】2019年初頭アップデート情報を公開!RDOマネーとゴールド配布時期も明らかに!!

[amazonjs asin=”B07H7CYH6J” locale=”JP” title=”Fallout 76 Tricentennial Edition (トライセンテニアルエディション) 【CEROレーティング「Z」】”]

[amazonjs asin=”B07H7D3DXJ” locale=”JP” title=”【Amazon.co.jp専売】Fallout 76 Power Armor Edition (パワーアーマーエディション) 【CEROレーティング「Z」】 – PS4″]

コメント

  1. 早くやりたくてムズムズしてくる
    管理人さんはやるかな?そんな暇ないか

  2. >>管理人さん
    記事のタイトルの下に amazonjs が表示されています。

    • ありがとうございます。m(__)m

NGワード、連投、性的、暴力的、差別的な単語、個人を誹謗中傷するコメントは自動で弾かれ承認待ちとなります。
スパム対策のため、「http」や英語、漢字、カタカナのみの場合も自動で弾かれます。
他人とコメント投稿のタイミングが被ると稀にコメントが弾かれる場合があります、しばらく待ってからコメントしてください。
タイトルとURLをコピーしました