オススメ外部記事!!

【DQ12続投か!?】堀井雄二氏『年齢による引退は当面は考えていない。椙山さんを見ると後20年は頑張れると思う』(※一部訂正)

ゲーム速報
スポンサーリンク

堀井雄二氏『年齢による引退は当面は考えていない』

 

ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二氏ですが、海外インタビューにて「年齢的にそろそろ引退を考えているのでは?」との問いに対し『年齢による引退は当面は考えていない』と回答し『ドラゴンクエスト12』も続投するつもりでいると思われることが明らかになりました。

 

ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二氏は64歳になりますが、その年齢ではほろんどの人が引退したり退職について考えるでしょう。

堀井雄二氏がすぐに引退する意志があるかどうかを尋ねたとき、彼はドラゴンクエストの作曲家、椙山幸一(87歳)の名前を挙げ「彼を見ているとまだ20年ほどは元気でやれるなと思う」と堀井氏は言う。

堀井氏はこのゲームを新しい出発点にしたいと考え、ドラゴンクエスト11が海外のフランチャイズの新しい出発点になることを願っています。

 

29 Minutes of Dragon Quest XI: Echoes of an Elusive Age Gameplay – Gamescom 2018

29 Minutes of Dragon Quest XI: Echoes of an Elusive Age Gameplay – Gamescom 2018

 

堀井 雄二

堀井 雄二(ほりい ゆうじ、1954年1月6日 – )は、兵庫県洲本市出身のゲームデザイナー、作家、アーマープロジェクト代表取締役。早稲田大学第一文学部卒業。『ドラゴンクエストシリーズ』の生みの親、シナリオライターである。愛称は「ゆうてい(ゆう帝)」。

エピソード

テレビゲーム『いただきストリート』は、さくまあきらと「お互いにボードゲームを1つ作ってみよう」ということになり、堀井がデザインしたもの。ちなみにさくまは『桃太郎電鉄』をデザインした。

「ゆう坊のでたとこまかせ」が単行本として出版された際、特別付録として「ゆう坊のゲームデザイナー入門」を書き下ろし、実際に『ドラゴンクエスト』のデザインに使われた用紙まで掲載された。このコーナーは、「ゲームデザイナーの仕事が忙しすぎて、時間がとれなくなった」との理由で、『アウト』廃刊より先に連載終了している。「気がついたら副業が本業に代わっていた」を地で行った1人である。

「月刊OUT」1982年10月号の「ゆう坊のでたとこまかせ」で、「敬老の日記念」として「(読者が高齢者となる)60年後」をテーマとした際、読者の提案により「元気でいたら2042年8月27日[11]午後3時に国鉄御茶の水駅に集合しよう」という「約束」を記し、その後もことあるごとに「でたまか」の中で告知が行われていた。「月刊OUT」休刊後も一部の読者には記憶されており、「中間点」となる2012年8月には「アウシタン同窓会2012」が新宿ロフトプラスワンで開催された[12]。なお2014年9月に太田出版から刊行された「超超ファミコン」には堀井のロングインタビューが掲載されており、その中で「この約束は現在も有効です」と明言している。

さくまあきらを始めとする、業界の友人たちとの宴会の席では、「おまえいつ落ち目になるんだ?」とか「えびなみつる! おまえの絵古くなってきたぞ」と互いに悪口を言い合うという。でもそれは「有名になって、お世辞しか言われなくなった友人に対する愛の忠告」で、「いざ仕事がなくなった者でも出ると、友人みんなで助ける。だからみんな業界で生き残っているのだ。」とさくまあきらは語っている。

早稲田大学時代は漫研に所属していたが、当時影響を受けていた漫画は『ガロ』系のものであり、自身のゲーム等では絵を描くことはないが、ドラクエのイラスト下絵などでその才能の片鱗が伺える。さくまあきらのゲーム製作10周年記念作品『怪物パラ☆ダイス』では、お祝いメッセージと共にゲームで登場するボスモンスター「トンテンカン」のデザインを提供した。その独特の味のある画風は、さくまをして「学生時代のまま漫画家を目指していたら、今頃彼はどうなっていたのだろうか?私もだ…(笑)」と言わしめた。ちなみに実際のゲーム中では、出現率が低い上に対人戦でないと出ない、実質的な隠しキャラクターとなっている。

画力について、さくまの別インタビューでは「堀井くんはあまり絵が上手じゃないんですよ。本当は漫画研究会の周辺でも一番漫画が上手かったくらいなんだけど、事故で描けなくなっちゃったんです。堀井くんがライターの道に進んだのは、それからだったんですね」との言及もある。
友人のさくまあきらが『ドラクエ』のヒットに便乗して堀井の本を出版しようとするが、「ドラクエの本なら売れるがわしの本は売れん」と堀井が発言し結局中止になった。後年、さくまは堀井の発言一つで取りやめた事を後悔する発言をしている。

堀井雄二 - Wikipedia

 

 

管理人のコメント

鳥山さんはまだまだ元気だし、御三家は死ぬまで現役で作り続ける感じですね!

 

◆PS4ProNEWS 新着記事◆

PS4大バンバン振る舞いで今日PS4を手に入れたワイにオススメソフトを教えてクレメンス
【注目!】元スクエニ田畑端氏、ニコ生『ゲーム界隈井戸端会議』まさかの生出演が決定!!12月16日放送!!
【シャドウ オブ ザ トゥームレイダー】DLC第2弾『The Pillar』配信日が2月18日に決定!プレイ映像や開発映像が確認できる最新トレーラーも公開!!
明日12/13配信!【FF15】『スタンドアロン版 戦友』新たなボス『デスゲイズ』登場シーン冒頭15秒の映像が公開!BGMはFF6決戦のアレンジ!!【FFXV MULTIPLAYER: COMRADES】
【PS4】アップデート『Ver6.20』配信スタート!『動作の安定性』が改善!! PSN ID変更はまだ・・・ぽい!?

[amazonjs asin=”B06Y63281P” locale=”JP” title=”【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて”]

[amazonjs asin=”B07DDQP2NV” locale=”JP” title=”【PS4】コナン アウトキャスト 【パッケージ版購入特典】サバイバル・ガイドブック 32P (封入) 【CEROレーティング「Z」】”]

コメント

  1. 続投嬉しいのですぐにでも12の製作に取り掛かってほしい!
    というかもうちょっと後継が育ってれば堀井さんの負担が減って
    もっとコンスタントに続編出せそうなのになあ

  2. 後継者をちゃんと育てられているか、それが問題だ いつまでも堀井氏におんぶにだっこじゃよくないからな

  3. 堀井さんはまだまだいけるやろうけど
    すぎやんはもう無理やろ・・・

  4. すぎやんは11で才能枯れたから別な人でいい

  5. 堀井さんが去ったあとのドラクエはFFと同じように苦労すると思う

  6. 堀井さんはまだまだいけそう

  7. 誰か欠けたらシリーズ終了を望むけど

    それは置いといて「すぎやまこういち」の漢字は「椙山」ね

  8. 要所要所で流石堀井って未だになるから
    続投してくれるなら万々歳なんだが
    後進育成に力を入れてほしくもある

  9. 堀井さんって、ほろんどの人だったのか・・・

  10. ※8
    名前忘れたけど後釜的な人を育成してるで
    まだまだみたいやけど
    鳥山もすぎやんも同じく2号おるけど育成難しいそうだな

  11. 後継者後継者いうけども三人が神格化されすぎてて無理でしょ
    実際三人ともすごいんだけどね

  12. 杉山ってだれ?
    椙山浩一なら知ってるけど

  13. 実際問題、堀井さんと椙山さんのどちらかが抜けるなら、もうドラクエは作らないで欲しいわ

  14. 杉山はもう自分で作ってないじゃん

  15. 堀井雄二が見張ってないと今のFFみたくなりそうだからDQには絶対必要な人

  16. >>15
    ほんこれ
    オヤジギャグがほどよいテイストになってる。
    この発想は堀井さんにしか出来ない

  17. 古臭いと言われる「ドラクエらしさ」に拘ってるうちはこれ以上の進化も成長も無いし、海外での成功なんて夢のまた夢(そもそも海外挑戦なんてしなくていいが)
    続投するなら堀井さんは最新のゲームをやり込んで若者の感性を理解してほしい

  18. 堀井、鳥山はまだ大丈夫だろうが杉山はいい加減後継者を育てた方が良い。
    DQ11は使いまわしの曲ばかりでがっかりした

  19. >>15
    そうそう。
    堀井さんを横から言うだけの人とかいう人いるけど、
    そういう人が上にいる事がゲーム制作でいかに大事かw

NGワード、連投、性的、暴力的、差別的な単語、個人を誹謗中傷するコメントは自動で弾かれ承認待ちとなります。
スパム対策のため、「http」や英語、漢字、カタカナのみの場合も自動で弾かれます。
他人とコメント投稿のタイミングが被ると稀にコメントが弾かれる場合があります、しばらく待ってからコメントしてください。
タイトルとURLをコピーしました