オススメ外部記事!!

【期待!】『ホライゾン』のゲリラゲームズがスタッフを250人→400人に増員へ。新規IPや既存IPを2~3年での開発体制を目指す

ゲーム速報
スポンサーリンク

『ホライゾンゼロドーン』のゲリラゲームズがスタッフを大幅に増員

 

【関連記事】

【朗報】『ホライゾンゼロドーン』を開発した”ゲリラゲームズ”が次のプロジェクトを始動!新たな雇用を開始!!

 

『ホライゾンゼロドーン』や『キルゾーン』シリーズユ名なゲリラゲームズがオフィスの移転を検討していることが明らかになりました。スタッフを現在の250人から400人に増員する予定とのことで、現地では話題となっている模様。

 

移転先となるのは、かつて大手新聞社De Telegraafが利用していたオフィスだという。

本作(ホライゾンゼロドーン)は全米脚本家組合賞やCEDEC AWARDS、日本ゲーム大賞など数多くの賞を受賞。2018年2月には全世界累計実売760万本を突破したことが発表されており(プレスリリース)、SIEワールドワイド・スタジオが手がける完全新規タイトルの中では最大のヒット作となった。同作で使われたDecima Engineは、コジマプロダクションが開発中の『Death Stranding』でも採用されていることで注目を浴びている。

同スタジオは今年5月に求人ページをオープンしており、『Horizon Zero Dawn』の効果もあってか、優秀な人材が訪ねてくるようになったという。

ただ、同作がリリースされるまでには約7年の年月がかかっている。これは同スタジオとしては異例とも言える長期プロジェクトであり、作品ごとに同様の年数をかけるわけにはいかない。今回のスタッフ増員には開発期間を短縮するという狙いがある。新規IPであろうと、既存IP作品であろうと2~3年で開発を終えられるような体制を整えたいのだ。

増員と拠点移転によりさらなる成長を遂げるGuerrilla Games。次回作が『Horizon Zero Dawn』からどれほどの進化を見せるのか、期待が高まる。

 

『Horizon Zero Dawn』のGuerrilla Gamesがスタッフを150人増員へ。新規・既存IPタイトルともに短期スパンでのリリースを目指す | AUTOMATON
『Horizon Zero Dawn』や『Killzone』シリーズで知られるGuerrilla Gamesがスタジオを移転し、スタッフを大幅に増員する計画を立てている。『Horizon Zero Dawn』の開発には7年近くかかったが、今後は2~3年で新作を完成させられるような体制が整えられていく。

 

Horizon Zero Dawn 空を飛ぶ方法【解説付き】

Horizon Zero Dawn 空を飛ぶ方法【解説付き】

 

 

管理人のコメント

機械獣1体作るのに数か月掛かるんだったかな?今はノウハウ蓄積してそんなにかからないだろうけどスタッフ増員して開発効率計るのはユーザーとしてはありがたい!
とりあえずホライゾンゼロドーン2に期待!!PS5ローンチの弾として出しほしいなー

【朗報】『ホライゾンゼロドーン』を開発した”ゲリラゲームズ”が次のプロジェクトを始動!新たな雇用を開始!!
『ホライゾンゼロドーン』続編に赤信号か!?HZDプロデューサーがUbisoftへ移籍。未発表タイトルに携わっている模様
【噂】『デスストランディング』英Amazonに発売日が登録! E3前にレーティング審査を通過してたけどマジで発売日は2019年かも!!!

[amazonjs asin=”B076V2Q6WZ” locale=”JP” title=”【PS4】Horizon Zero Dawn Complete Edition”]

コメント

  1. 2はサブタイトル変わるんだろうか。ゼロドーン計画がなにかっていうのには1で触れてるから。

  2. この人数がいかにすごいかってのはFF15を200人程度、ゼルダBotWを300人程度で作ったということを考えればわかる
    海外と戦わざるを得ない時代に入ってるから、これく

  3. らいの人員(すくなくとも250人)はいるってことだわな
    コメ途中で途切れてごめん

  4. ※1
    やるとしたらガイアのリブート、黒幕のファーゼニス絡みだろうなぁ

NGワード、連投、性的、暴力的、差別的な単語、個人を誹謗中傷するコメントは自動で弾かれ承認待ちとなります。
スパム対策のため、「http」や英語、漢字、カタカナのみの場合も自動で弾かれます。
他人とコメント投稿のタイミングが被ると稀にコメントが弾かれる場合があります、しばらく待ってからコメントしてください。
タイトルとURLをコピーしました