オススメ記事(左右にスクロールできます⇄)
オススメ外部記事!!

【信憑性高まるッ】PS5に使われると思われる謎の『カードリッジ方式SSD』の”引用”が発見される!!!!!

PS5

PS5『カードリッジ方式SSD』採用確定か!?

 

 

先日、ソニーがブラジルで何らかのカートリッジデバイスの特許を申請したことが発見され話題となりましたが、ソニーが取得していたSSD関連と思われる謎の特許は、PS5に使われるSSDの可能性が高まる引用が見つかりました。

 

LetsGoDigitalはさらに掘り下げを行いましたが、この同じカートリッジがソニーの拠点でもある日本で早くから特許を取得していたことがわかりました。

これらの新しいドキュメント、ハイテクサイトは、デバイス上の理論を裏付ける新しい画像や引用符を引っ張りだし、これらのモジュラーカートを使用してPS5のSSDストレージをアップグレードできる可能性が高くなりました。

SIE Japanの主題に関する引用は次のとおりです。

これは、文字、画像、アニメーション、音声、プログラムなどのさまざまなデータを記録できる記録媒体です。カートリッジにロードすることにより、記録されたさまざまなデータを読み取ることができます。

つまり、これらのカートリッジはデータストレージ用に構築されています。

システムの合計ストレージ容量を拡張するために、これらのいずれかをPS5に接続できる可能性が非常に高いようです。

これは、内蔵SSDを完全に交換するよりもはるかに簡単になると思います。LetsGoDigitalが指摘しているように、ソニーにとっての利点が本当なら、より少ないシステムストレージでPS5自体のコストを削減できることです。

プレーヤーは、必要に応じてこれらのモジュラーストレージ拡張を使用できるだろう。

管理人のコメント

値段がどうなるのか気になる・・・


▼コメントは同カテゴリー関連記事の下です▼
PlayStation Plus 12ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
PlayStation Plusは定期サービスです。サービス購入時に選択した利用期間が終了する際に、事前の通知なく次の期間のご利用に必要な金額がウォレットから自動的に引かれ、サービスの利用期間が更新されます。
【PS4】Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ) 【早期購入特典】デジタル ミニサウンドトラック ・「仁」ダイナミックテーマ ・「仁」アバター(封入) 【CEROレーティング「Z」】
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Ghost of Tsushima ( ゴーストオブツシマ )は、武士の道から外れた境井 仁(さかい じん)が、冥府から蘇った「冥人(くろうど)」となり、対馬を敵の手から解き放つ。 期待のオープンワールド時代劇アクションアドベンチャー
【PS4】機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON【早期購入特典】初回生産限定特典 限定バナパスポートカード & プレイアブル機体「ガンダム・バルバトスルプスレクス」が入手できるプロダクトコード(封入)
バンダイナムコエンターテインメント
2016年に稼働を開始したアーケード版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』の移植作。 多数のガンダム作品から登場するモビルスーツを操作することができる2on2のチームバトルアクションゲーム!

コメント

  1. もしかしてこれはそのままソフトにするとかいう話?
    ネオジオみたいにソフト一本二万三万とかしたらシャレにならんぞ

    • いやいやソフトはUHD Blu-rayでしょ。

    • なんでその発想になるのかわからん

    • ps4がディスクから読み込んでゲームが稼働してるって思ってるの?
      ちょっとは考えて調べてみ

  2. カートリッジ高そうだよな

  3. もし専用独自規格を独占販売なら安く売るわけがないと思っていた方が良いね

  4. フロッピーみたい

  5. 便利になるのはいいんだけど、ソニーはすぐに独自規格にして高値販売するから心配だ。VITAが売れなかった原因の何割かは専用メモカの所為だろ。

  6. ディスクにゲームを入れて交換できるように成れば本体のSSDの容量を気にしなくて良いから便利だね

タイトルとURLをコピーしました