PSVR版【バイオハザード7】稲川淳二さんによるプレイ映像が公開!怖いとわかっているのに先が気になる。

バイオハザード7

『バイオハザード7』 稲川淳二さんによるプレイ映像が公開!バーチャルとかそんな生易しいものじゃない

 

日本を代表する怪談家である稲川淳二さんにPS VRを使って『バイオハザード7 レジデント イービル』をプレイする動画が公開されました。
稲川淳二「私ね、相当怖いところにも今まで訪れてますし、大抵のことじゃ怖がらないですよ?」という稲川さんですが、果たして……。

臨場感あふれる稲川さんの体験動画と、『バイオハザード7 レジデント イービル』VRモードについて語ったインタビュー、ぜひご覧ください。

「やだなぁ~、怖いなぁ~」稲川淳二さんが、『バイオハザード7 レジデント イービル』と
『KITCHEN』をPS VRで実況プレイ!そこには怪談の帝王も思わず叫ぶ、究極のスリルが待っていた!

 

バイオハザード7 & KITCHEN vs 稲川淳二 VRモードプレイムービー

YouTube

 バーチャルとかそんな生易しいものじゃない


――今回、『バイオハザード7 レジデント イービル』のVRモードを体験された感想をお聞かせください。

 

いやね、びっくりしました。『バイオハザード7』、これすごいねえ。とにかく初めての体験で、汗もたくさんかいちゃいましたよ。

椅子に座っていただけなのに、館の中で部屋を探索していましたからね。単に映像を眺めていただけなら、こんな風に汗をかいたりしませんよ。だって、完全に自分はあの世界の中にいて、夢中であの世界を探索していたんだから。聞いていたとか、見ていたじゃなくて、確かに私はあの館の中を体験していましたから。いやあ、すごいもん作っちゃったなあ……。すごいなあ……。心臓が未だにドクンドクンいってますよ。バーチャルとかそんな生易しいものじゃないですね。

 

怖いとわかっているのに先が気になる。それがクセになる

 

――リアルでありながら非現実が味わえるのが『バイオハザード7』の魅力ということですか?

 

そうですね。怪談始めてもう四半世紀になりますし、怪談の映像なんかも私は作ってきているのですが、安易に怖いものを作ろうとすると、受け手にショックをたくさん与える方向に行っちゃうんだよね。ものすごく大きな音で脅かすなんてのが、よくある演出ですかね。でもね、それは恐怖じゃなくて、ただのショックなんだ。恐怖の本質は、妙な空間とか、隙間とか説明できないものだからね。なんで自分が怖いと思っているかを説明できるものは、怖くないじゃない? で、こういう恐怖はクセになるんだなあ。

 

物語性と謎解きが、一度始めるとやめられない面白さを生む

 

――確かに、『バイオハザード7』は、そうした謎解き要素も豊富に含まれています。

 

怪談も、続きが聞きたくなるものはミステリーとして成り立っているんですよ。怪談を仕入れるために調べ物をしていると、意外なところで得た情報が全く別の話とつながる部分があったりして、蓋を開けてみると大きな一つの物語になるなんてこともしばしばです。

手がかりを頼りに先を考えていくから楽しい。推理していく楽しさがあるんですよ。

PlayStation.Blog

 

管理人のコメント
稲川淳二さんの言い回しはホント上手いと思うわ!!流石怪談話の帝王ですな。でも話終わった後、何故かほっこりしたw

 

【バイオハザード7】『TAPE-4 レジデントイービル』が公開!DLC配信日も判明!!

 

【バイオハザード】アルバート・ウェスカーの人生ワロタwww

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)例:英語、漢字、カタカナのみの場合は自動で弾かれます。

日本語が含まれない投稿は自動的に弾かれますのでご注意ください。
NGワード、性的、暴力的、差別的な単語、個人を誹謗中傷するコメントは自動で弾かれ承認待ちとなります。
スパム対策のため、「http://~」や英語、漢字、カタカナのみの場合も自動で弾かれます。
連投や他の人のコメントと秒単位で被ると稀にコメントが弾かれる場合があります、しばらく待ってからコメントしてください。
アクセスランキング