【仁王】新たな武器『鎖鎌』と新ステージ2二俣と伊賀を公開! | PS4ProNEWS

【仁王】新たな武器『鎖鎌』と新ステージ2二俣と伊賀を公開!

この記事をSNSで拡散する

新たな武器と新ステージが公開!

仁王では刀、二刀、槍、斧の武器がありますが
そこへ新たな武器『鎖鎌』が追加されるようです

PS4『仁王』最新情報──ウィリアムの新たな武器「鎖鎌」や恐るべき姿のボスたち


本作には、刀、槍、斧、二刀といった多彩な武器が登場。プレイヤーが得意とする武器を極めたり、状況や敵の特徴に応じて使い分けたりと、バリエーション豊かなバトルアクションを楽しめる。さらに新たな武器として、鎖鎌を使えることが明らかに!
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/4186/20161209-nioh.html


鎖鎌は、片手用の鎌と鎖付きの分銅を組み合わせた武器。特殊な技を数多く持ち、使いこなすのは容易ではないが、至近距離では鎌で素早い攻撃を、遠くの敵には分銅を投げつける攻撃をと、長短自在の幅広い攻撃が可能だ。

新ステージは二俣と伊賀。圧倒的な力を持つ異形のボスが待ち受ける

戦国時代末期を舞台とするストーリーでは、国内各地のステージをウィリアムが旅し、数多の賊や妖怪たちを倒していくことになる。今回は新ステージとして二俣と伊賀の2つが公開されたので、それぞれの特徴とボスを紹介しよう。

 

スポンサーリンク

二俣ステージ

遠江国の二俣は、天竜川と二俣川が合流する地。街道にも近く、徳川軍にとっての要衝であり、家康の長男、信康の最期の地としても知られる。季節外れの彼岸花が咲き乱れ、瘴気を放っているようだ。

二俣ステージには「唐傘お化け」が出現。中央に大きな目が1つ、柄の代わりに1本の足がある妖怪だ。寂れた家屋に打ち捨てられた唐傘が、長い年月をかけて妖怪へと転じた。小柄だが素早い動きで、ウィリアムを翻弄する。

ボス「鬼女」

深い怨念を抱いて死んだ女性が、鬼の姿に変じたとされる妖怪。般若の面のような表情はすさまじい怒りをたたえ、振り乱された黒髪が悲しみの壮絶さを物語る。よく見ると着物は仕立てが良く、かつては高貴な地位にあったことがうかがえる。

伊賀ステージ

伊賀は、長く忍者の治める国であった。しかし、全国制覇に乗り出す織田信長は天正六年(1578年)、伊賀国に侵攻。伊賀衆による奇策に苦戦した信長は、その2年後に大軍勢を投入し、伊賀を制圧したと言われる。

複雑な構造の屋敷には、忍者たちが潜んでいる。見通しや足場の悪い箇所も多く、適切な武器の選択、アイテムの使用といった状況判断が迫られるだろう。

ボス「大蝦蟇」

巨大なヒキガエルの姿をした妖怪。蝦蟇(がま)とは大きなヒキガエルの俗称だが、大蝦蟇はそれよりもさらに大きく、人間をはるかに上回る巨体となっている。二本脚で立ち、槍を武器として使用する。

長い槍を駆使した攻撃に加え、焙烙玉や火車剣など多彩な忍術も使いこなす。また、ウィリアムを飲み込もうと伸びてくる、長い舌にも注意が必要だ。

管理人のコメント
大蝦蟇かっこいいですねぇ!結構力入ってるみたいですし、まだまだ新ステージや武器も追加されそう!!

  • スパム対策のため、「http://~」や海外IPの方のコメントは規制しています。
  • 連続でコメントするとスパム扱いになりコメントできなくなる場合があります、しばらく待ってからコメントしてください。
  • 性的、暴力的、差別的な単語、また過去に問題のあるコメントを投稿したIPや、管理人が不適切と判断したコメントは自動で弾かれ承認待ちになります。