しばらく続報の無いゲーム10選!FF7R、ドラクエ11、キングダムハーツなど、どうなった??

ff7r

しばらく音沙汰のないゲーム期待作10選

しばらく音沙汰のないゲームを10本、紹介していく。

ign

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(PS4、Switch、3DS)

DQ11
続報が出し時を求めて、1年半近く経ってしまった。2015年7月28日の「ドラゴンクエスト新作発表会」から、国民的RPG「ドラゴンクエスト」ナンバリングタイトルの最新作の続報は出ていない。

二ノ国II レヴァナントキングダム(PS4)


2015年のPlayStation Experienceでお披露目されたレベルファイブの王道RPG「二ノ国II レヴァナントキングダム」。
最後のトレーラーが出てからそろそろ1年が経とうとしているが、ディレクターの日野氏は9月のIGN JAPANとのインタビューで開発状況について少し語った。

キングダムハーツIII(PS4、Xbox One)


最後に映像が日の目を見たのは2015年12月で、「キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ」の後に2分程度の新映像が公開された

Cyberpunk 2077(PS4、Xbox One、PC)


開発がどこまで進行しているかは不明で、最後のトレーラが2013年1月に出てからほとんど4年も経っている。その後どうなったかは誰もわからない。

ファイナルファンタジーVII リメイク(PS4)


E3 2015におけるソニーのプレスカンファレンスで会場だけでなく、世界のFFファンを驚かせた「FFVII」のリメイク。スタンディングオベーションする人から涙を流す人まで、本作に込められた期待は生半可なものではないことが伝わってきた。
E3 2015の発表の後、当分は続報に期待できないだろうと思っていた矢先、半年後のPlayStation Experienceではゲームプレイ映像が見られ(アクションRPGに変わっているようだ)、本作が章立てで配信されると発表された。
これを悲観する人もいるが、ボリュームある作品を忙しい現代人に遊んでもらうなら、確かに全編を発売するよりはその方がよいのかもしれないし、より早くリリースできそうだ。

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-(PS4)


開発を手がけた主要メンバーがアイレムを退社し、グランゼーラを立ち上げた。グランゼーラは2014年12月に「絶体絶命都市」シリーズの販売権を取得し、翌年11月に「絶体絶命都市4」にいくつか新要素を加え、「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」として発売する予定であると発表した。

Dreams(PS4)


「Dreams」のタイトルだけでなく、コンセプトも非常にふわっとしているので、E3 2015の初公開映像を見て、解説を聞いてもどういうゲームなのかはよくわからなかった。
E3 2015の発表からすでに1年半が経過してしまっている。ベータ版は2016年から開始する予定だったらしいけれど、どうなっているのだろうか。

Below(Xbox One、PC)


発売は2016年夏を予定とし、3月に映像は公開されているが、延期の知らせが8月に公式ウェブサイトに掲載されてから消息がなくなり、新しい発売日もわかっていない。

Miegakure(PS4、PC、Mac、Linux)


PS4版の存在が発表されたPlayStation Experienceではプレイアブル出展されたが、発売日はまだ決まっていない。Marc ten Bosch氏は2015年4月にブログで開発の進行状況について「130のパズルが完成している。もうちょっとだと思う」と書いたけれど、もうちょっとはどれくらい?

ライオットアクト3(Xbox One、PC)


「Below」と同様、「ライオットアクト3」もまたE3 2014のマイクロソフトプレスカンファレンスでアナウンスされた。
http://jp.ign.com/dragon-quest-xi-3ds/9027/feature/10

管理人のコメント
Deep Down話題にすらならなくなってしまったか・・・。結構期待してたのに。