『SIE盛田プレジデント』今後のPS4の展開を語る 次のステップは一家に一台、 PS4金銀について「DQ11限定モデルを優先する。検討はしたいと思う」 | PS4ProNEWS

『SIE盛田プレジデント』今後のPS4の展開を語る 次のステップは一家に一台、 PS4金銀について「DQ11限定モデルを優先する。検討はしたいと思う」

『SIE盛田プレジデント』今後のPS4のビジョンを語る 

『SIE盛田プレジデント』が今後のプレイステーション4の展開について語っています。

SIEJA盛田厚プレジデントが語る、プレイステーションの今後の戦略

―― まずは、プレイステーションビジネスの今後の方針についてお聞かせください。

盛田 2016年はワールドワイドで非常にいい状況になっておりまして、それは日本もアジアも例外ではありません。我々がやりたいと思っている3つのステップがあるのですが、ひとつ目は、“タイトルが揃っていない”と言われていたことですが、それは2016年のうちに解消できたと思っています。日本向けのタイトルを揃えて、プレイステーション4も、プレイステーション4 Proなどバラエティーに富んだモデルを用意し、価格もお買い求めやすくしました。

―― 確かに、2016年はタイトルが揃いましたね。

盛田 2016年は10万本以上のタイトルが50本近くありましたが、昨年(2015年)比でいうと、ほぼ倍くらい。ようやくソフトが売れるという状況になってきました。これを、プレイステーション2並みに持っていくというのが、我々が考えるセカンドステップです。

―― 具体的な取り組みは?

盛田 直近でいいますと、 “Days of Play”というキャンペーンを本日(2017年6月7日)発表しました。SIEが設立して約1年が経ちますが(編集部注:2016年4月1日に設立)、初めてグローバルで統一した名前を使ったキャンペーンなんです。

―― そうなんですね。

盛田 いままでですと、たとえば日本ではお年玉とか入学前、アメリカではブラックフライデーといったように、各地の慣習に合わせたキャンペーンを実施してきたのですが、いまはインターネットで情報が拾える時代ですから。グローバルで統一のキャンペーンをやってみたら、どれくらい盛り上げられるだろうかということで、E3のタイミングに合わせて、プレイステーションとして期間限定(2017年6月9日(金)~2017年6月18日(日)まで)のキャンペーンをグローバルでやってみるというのが、今回のトライアルです。中身は国ごとに異なるのですが、ひとつの大きなうねりを作ってみたいと思っています。

―― いままではリージョンごとの施策でしたよね。

盛田 これまではそうでしたが、SIEになって、グローバルでの効率化や、我々の強みをいかに発揮できるかというのをずっと議論していきた中で、今回のトライアルが実現しました。

―― 既存のファンの満足度も高いですけど、PS4を買ったばかりの人や、まだそんなにソフトを持っていない人にもいいキャンペーンだという印象を受けました。

盛田 まさにおっしゃっていただいた通りで、PS Storeで日本のファンが好きだと思われる50タイトルを集めてスペシャルディスカウントを実施するのに加えて、店頭では、プレイステーション4本体とDUALSHOCK 4をいっしょにお買い求めいただくと、DUALSHOCK 4が半額になります。いっしょに遊んでいただきたいというのもあって、こういったキャンペーンを企画しました。

―― 日本の市場に関していうと、究極的には“一家に一台プレイステーション”という、プレイステーション2のころのような盛り上がりをプレイステーション4で実現するということだと思いますが、短期間で見ると、(2017年)4月~5月は、(2017年)2月~3月に比べてタイトルが減りましたよね。その期間のプレイステーション4の販売台数や、それにまつわる盛り上がりについては、どのようにご覧になられていましたか?

盛田 我々のビジネスは、ハードウェアだけでは成り立ちません。どんなタイトルが発売されるかによってハードの販売台数も左右されまので、そういう意味では、タイトルが出る月と出ない月では、セルスルーの数字が変わってくるという前提で考えています。ただ、昔は年末商戦が勝負で、そこに向けて勝負をかけていましたが、いまはインターネットの普及もあって、それなりに平均化されてきました。そういう意味でいくと、比較的タイトルが発売されない時期でも、盛り上がりが作れるのではないかと。そういうことも考えて、“Days of Play”のような施策を考えました。

―― 確かに、年度末のタイトルの余熱が保たれている中で、こういった施策があるのはいいですね。

盛田 日本でソフトが売れる状況になってきたというのもありますが、日本のタイトルが海外でも売れるような環境になってきたのも大きいですね。『ペルソナ5』や『NieR:Automata( ニーア オートマタ)』、『仁王』といった日本のタイトルが海外で受け入れられて、しっかりと売れているというのは、我々にとってもうれしいです。

―― それはうれしいですよね。そしてもうひとつ、プレイステーション VRの国内での販売取扱店舗の大幅拡大が発表されました。いよいよプレイステーション VRが潤沢に揃う準備が整ったと思うのですが、これまで買えなかった人が購入できて、プレイステーション VRを新しく体験する人が増えることに対する期待についてお聞かせください。

盛田 昨年(2016年)プレイステーション VRを発売するタイミングで、VR熱が非常に高まっており、VR全体が盛り上がっていました。そんななかで「買ってみようか」と思われた方が多かったと思うのですが、我々としては、まずは体験していただき、納得したら買っていただき、買っていただいたら楽しんでいただくということを地道に取り組んできました。しかし、我々が当初思った以上に需要があり、足りない状況になってしまったのは申し訳ないと思っておりますが、ようやく生産体制を増強し、徐々にではありますが供給不足も解消していくと思います。とはいえ、体験してから買っていただくということは変えずに続けていきたいと考えていますので、取扱店舗数や体験できる場所を増やして、多くの方に体験していただきたいと思っています。

―― ちょうどこのタイミングで、バンダイナムコエンターテインメントさんの『サマーレッスン:アリソン・スノウ七日間の庭』や、御社からも『Farpoint』、『Starblood Arena』など、注目タイトルが揃いますよね。これらの注目タイトルが揃うタイミングに合わせて供給も整えようという計画だったのでしょうか?

盛田 タイトルの編成はもちろん議論していましたが、生産の増強はできるだけ速くやらないといけないと考えておりましたので、その両方がうまく重なったのが今回のタイミングでした。

― なるほど。(2017年)6月のタイミングでプレイステーション VRの取扱店舗が大幅に増え、それにともない供給も増えると思うのですが、今後もこの体制が続くと考えてよろしいでしょうか?

盛田 需要の問題なので、お客様の需要を確実に読むというのは難しいのですが、我々の中では、今回の生産の増強により、出荷した途端になくなってしまうという問題は徐々に解消できると考えて計画しております。

―― わかりました。あと、国内の市場でいくと、いよいよ来月(2017年7月)には『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が発売されます。改めて、『ドラゴンクエストXI』への期待をお聞かせください。

盛田 日本のユーザーが望んでいるタイトルをいかに供給できるかというのを目指していく中で、『ドラゴンクエスト』はもっとも重要なタイトルのひとつですし、誰でも名前は知っていますよね。ゲームファンならシリーズ作品のどれかは遊んでいるのではないかと思います。そんなタイトルのナンバリング作品が久しぶりに発売されますので、個人的な期待も大きいですが(笑)、ハードをけん引してくれるという意味でも期待しています。それもあって、今回は『ドラゴンクエストXI』限定モデルのプレイステーション4を用意させていただきました。海外ではゴールド、シルバーモデルのプレイステーション4を発表しましたが、日本では『ドラゴンクエストXI』を重視しておりますので、日本においては、こちらの限定モデルを選択しました。それくらい大きなタイトルです。

―― ゴールドとシルバーのプレイステーション4ですが、今後日本で発売される可能性は?

盛田 いろいろな可能性があると思いますので、今後も検討はしていきたいと思います。ただ、日本は『ドラゴンクエストXI』限定モデルがありますので、いまはこちらですね。

―― なるほど。プレイステーションとしての『ドラゴンクエストXI』の宣伝施策は?

盛田 我々のプロモーションチームがいろいろな施策を考えておりますので、力を入れてプロモートしたいと思います。

―― わかりました。最後に、プレイステーションおよびプレイステーションフォーマットを広げるために、盛田さんが重点を置いているキーワードをお聞かせください。盛田 ふたつあって、ひとつはゲームファンの拡大なので、端的にいうと“すべてのゲームはプレイステーションに集まる”ですね。つぎは、“すべてのエンタテインメントはプレイステーションに集まる”。ゲームを遊ぶ人はもちろん、ゲームで遊ばない人も、たとえばYouTubeやビデオサービスを楽しむといったように、すべての人がプレイステーションで楽しめる状態を作っていきたいと思います。私は、ゲームがエンタテインメントのいちばんの進化系だと思っているので、すべての人をゲームにつなげるための“みんなのプレイステーション活動”だと思っています。すべてのエンタテインメントが集まったその先にはゲームがあり、家族みんながゲームで楽しめる。そこを目指していきたいです。

管理人のコメント
と言うことで、PS4金銀については検討するとは言ってますが、無さそうな雰囲気です。
PS4をPS2並にという目標も立てています。海外は好調ですが、日本はイマイチ盛り上がりに欠けている状況をなんとか打破してほしいですね。
【速報】PS4『ディシディアファイナルファンタジーNT』2018年初頭発売決定!FF15からノクティスも参戦!トレーラーも公開!!
PS4『ディシディアファイナルファンタジーNT』2018年初頭発売決定!!お披露目トレーラーも公開!! 本日放送された『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#9.5+?』にて『ディシディアファイナルファンタジーNT』を発表!発売時期は、2018年初頭とのこと!! ...
【PSプラス】生誕7周年記念キャンペーン開催!『投票で上位3本を再配信するフリプ アンコール』『1年以上PS+加入者に10%オフ権』など
『PSプラス』生誕7周年記念キャンペーンを開催! 噂されていた『PSプラス生誕7周年記念キャンペーン』開催されました!! 2010年6月にサービスを開始したPSプラスは、7周年を迎え日頃の感謝を込めて7周年記念のキャンペーンを実施! お得なキャンペーン概要は以下の通りです。 ・12ヶ...

『『SIE盛田プレジデント』今後のPS4の展開を語る 次のステップは一家に一台、 PS4金銀について「DQ11限定モデルを優先する。検討はしたいと思う」』へのコメント

  1. 名前:NEO名無しさん 投稿日:2017/06/08(木) 00:27:22 ID:500c19795 返信

    4,5,6月ソフト出なさすぎじゃない?そりゃあ1,2,3月の勢いを継続できませんわ。E3で和ゲーの弾も欲しいところ。

  2. 名前:NEO名無しさん 投稿日:2017/06/08(木) 04:27:57 ID:8b8afbf92 返信

    ソフト供給が途絶えた月は未消化作品のトロフィー消化に充てるから問題ない。

  3. 名前:NEO名無しさん 投稿日:2017/06/08(木) 20:31:30 ID:d43cc78bd 返信

    Proの限定デザイン(カラー)をお願いしたいところではある。

  • スパム対策のため、「http://~」や海外IPの方のコメントは規制しています。
  • 連続でコメントするとスパム扱いになりコメントできなくなる場合があります、しばらく待ってからコメントしてください。
  • 性的、暴力的、差別的な単語、また過去に問題のあるコメントを投稿したIPや、管理人が不適切と判断したコメントは自動で弾かれ承認待ちになります。