サイトデザイン変更しました。表示崩れがある場合はコメント下さい。

スマホ版タイタンフォール スピンオフ作品『Titanfall: Assault』が海外で発表!

タイタンフォール2

スマホ版タイタンフォール スピンオフ作品『Titanfall: Assault』が海外で発表!

 

『タイタンフォール』シリーズ最新作『Titanfall: Assault』が海外モバイル向けに発表され、事前登録を開始したことが明らかになりました。

Titanfall: Assault』は今までの様なFPSゲームではなく、リアルタイムストラテジーになる模様。PvPでの戦略的な戦いが楽しめるとの事。
プレイヤーはオリジナル版「タイタンフォール」と同じ様に、パイロット、タイタンなど、強力な支援を提供するバーンカードを選びデッキを構築できるとのこと。

 

 

Play Titanfall on Your Phone! (Titanfall Assault)

 

リアルタイムストラテジーとは

リアルタイムストラテジー(Real-time Strategy、RTS)は、コンピュータゲーム(主にパソコン向け)のジャンルの一つ。命令および行動の順番が明確に決まっているターン制ストラテジー(Turn-Based Strategy、TBS)ゲームとは違い、プレイヤーはリアルタイムに進行する時間に対応しつつ、プランを立てながら敵と戦う。

概要・歴史

1984年に出たアメリカEVRYWARE社の『The Ancient Art of War』(日本では『アート・オブ・ウォー』の名称で、PC-8801をプラットフォームとしてブローダーバンド・ジャパンから発売された)をその起源とする。マウス操作に適しており、1995年から1997年にかけてPC向けにウォークラフト、コマンド&コンカー、エイジ オブ エンパイアが発売されヒットしたことで一大ジャンルへと成長した。

自分が兵士となって敵と戦うファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)やアクションゲーム、さらに戦闘機や艦船などの乗り物をパイロットや艦長などの立場で操縦・指揮して戦うゲーム(シミュレータ)の要素を副次的に持つものもあるが、それらのゲームとは異なり、プレイヤーが神や指揮官などの第三者的視点で兵士などのキャラクターに指示を与え、敵を倒させる展開となるのが特徴である。

ゲームがアクション性を持つため、プレイヤーの判断力や操作力もゲームの勝敗に影響してくる。「ストラテジー」(通常「戦略」と訳される)と称しているが、プレイヤーの動かすコマは一国レベルから『コマンドス』のように5-10人レベルまで多様であり、戦術級RTSや戦略級RTSのようにより細かく区別する場合もある。戦術級RTSは一度あたりのプレイが比較的短時間で済むものが多く、ネットワーク対戦ができるものが多いのも特徴である。戦略級RTSはターン制ストラテジーの流れをくみ、1人用でプレイにも時間がかかるものもある。ただしこれらを明確に区別する基準はない。中には、戦略級と戦術級のマップを用意し、常時はターン制戦略マップで、戦闘時にリアルタイム制戦術マップに切り替えるタイプも多く存在する。また、町造りをリアルタイムで行いつつ戦争などの要素も取り入れているゲームもあり、そうしたゲームは「ミニスケープ」(箱庭ゲーム)と「リアルタイムストラテジー」両方のジャンルとして扱われることもある。

日本では、ターン制ストラテジーゲーム同様シミュレーションゲームのサブジャンルとされるが、欧米ではシミュレーションゲームとは異なるジャンルとして扱われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/リアルタイムストラテジー

 

管理人のコメント
なにそれ・・・もしもしゲーだけどちょっと気になるじゃないですか(´・ω・`)
ロボゲーが出なくなったのって何故なんだ?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)例:英語、漢字、カタカナのみの場合は自動で弾かれます。

日本語が含まれない投稿は自動的に弾かれますのでご注意ください。
NGワード、性的、暴力的、差別的な単語、個人を誹謗中傷するコメントは自動で弾かれ承認待ちとなります。
スパム対策のため、「http://~」や英語、漢字、カタカナのみの場合も自動で弾かれます。
連投や他の人のコメントと秒単位で被ると稀にコメントが弾かれる場合があります、しばらく待ってからコメントしてください。
アクセスランキング